So-net無料ブログ作成

「第二の脳のつくり方」辻秀一 [オーディオ]

「第二の脳のつくり方」辻秀一

「第二の脳のつくり方」辻秀一

ダイレクト出版なら送料無料、30日間返金保証


一流アスリート・一流ビジネスマンに共通する思考法とは?

もし今あなたが、

毎日早朝から深夜まで、そして土日も休まず働きいつも追われて苦しい、、、
営業目標を達成しても、ストレスが激しく健康がボロボロ、、、
ここぞ!という時に力みすぎてしまい、本来の実力が発揮できずやきもき、、、
仕事上の人間関係がギクシャクしてチームの生産性が上がらずイライラ、、、
家庭をかえりみず一生懸命働き、家族との時間もなく会話もままならない、、、
ライバルに勝つ、部下になめられてたまるか!といつもキリキリ、、
目標の結果に固執すればするほど、不安を感じ焦ってばかり、、、

と感じながら毎日を過ごしているのなら少しだけ手を休めてこのページを読んでみてください。この「第二の脳のつくり方」はきっとあなたのお役にたてるでしょう。

Dr.辻はこう言います。
「現代社会は、結果至上主義です。その結果、組織や人の心は、例外なくストレスを抱える方向へと傾いています。それは会社経営者しかり、ビジネスパーソン、教育現場の先生や親、子供たちまでもそうです。 プラス思考が結果を生み出すのだと数多くの書籍が言われていることを信じ、ネガティブなことも無理やりプラスに考えて、結果を求め頑張って頑張ってPDCAサイクルを回し、結果を求め続けています。 このような結果にこだわり、結果を求める「結果エントリー」の社会は、一見パフォーマンス向上にはプラスに働きそうですが、人間の心を間違いなく後退させています。その証拠に、ストレスで病む人は増える一方で、自殺者も後を絶つことはありません。

「結果エントリー」では人、組織、社会に対して限界があると言わざるを得ません。
かといって、結果がどうでもいいということを主張しているわけではありません。私が研究してきたメソッドによって、真の意味で結果を出していくことにあなたの脳をパラダイム・シフトして欲しいと考えます。」と。

これから5分でその方法をご紹介します。この5分であなたの人生の可能性は大きく広がることでしょう。
プラス思考は、実はネガティブ思考の表れ?

よく例えにあがる話しとしては、コップに半分の水が入っているの見てそれを「半分もある」と思うか「半分しかない」と思うか。「半分しかない」という人はネガティブな考え方をしているから「半分もある」方にものの見方を変えていきましょう。といいます。
しかし、、、
ネガティブな認知ができあがっているあなたをポジティブにしようとするには無理があります。いずれ破綻をきたしかねない。なぜなら、プラス思考に考えようとしていること自体、実は根底にはネガティブなあなたがいるからです。「半分しかない」と考える自分はネガティブでダメなんだと。
意味のないことに意味付けして苦しんでいるのは誰?

心の状態に大きく影響するのは「環境・経験・他人」の三要素です。自分がゆらぎ、とらわれている原因はどの人もこの三要素を理由にして、それらのせいで自分は機嫌が悪いんだなっています。例えば、「明日は出張で会議、朝早いし移動も大変だ!」と機嫌悪く話されていることがよくありますが、事実は「明日の朝に出張先の場所で会議がある」ことです。朝早いとか大変だと意味をつけているのは誰でしょう?
また「上司のあの一言さえなければ自分は機嫌がよくなるんだ」といくら言ったところで、上司の一言は変わることはありません。本来意味のついていないできごとに、あなたの認知の脳が後から意味をつけて、気分が悪くなっていることにまず気づくことが重要です。
もう一つの脳がもたらす価値とは?

意味がついていないことを知り、気づくだけでは、心のフロー化には限界があります。結果ばかりを追う「結果エントリー」から心の状態を大切にする「心エントリー」へのパラダイムシフトをおこし、「ライフスキル」という第二の脳力を身につけることが「フロー」化の始まりです。「フロー」とは「ゆらがず・とらわれず」のパフォーマンスが最大に出る心の状態です。例えば、ワクワクする、集中している、ご機嫌な感じなどです。このような心の「フロー」化さえ起これば、すべてはネガティブスパイラルからポジティブスパイラルになり、さまざまなことが好転してくるのです。「今、獲得したいもの」「今、解決したいもの」を強く望む。あなたの心がフロー状態に傾けば、何らかの変化がやってきます。その変化はあなたが、「今、獲得したいもの」の実現に必ず近づきます。なぜなら、人間が抱える「獲得したいこと」や「解決したい」ことの障壁のほとんどは、あなたの心がノンフローな状態によって生じるからです。
やることは簡単、そして人生が劇的に変わる。

Dr.辻がトップアスリートや企業の産業医としての経験をもとに開発したのが、超実践的なスキル「第二の脳」の力=「ライフスキル」の鍛え方です。これは従来の脳とは異なる「心エントリー」な生き方を支えるものです。
このオーディオブックの後半に「ライフスキル」を手に入れる方法について述べていきます。各ライフスキルにはワークを設けています。ワークはDr.辻が年間200回を超える講演会・ワークショップで効果実証済みです。そして、本書用にワークを改案しているものなのでぜひ実践してください。
ライフスキルのワークはとても簡単です。時間も場所も要りません。小学生の頃に九九を覚えた時のようにあなたの脳に追加していく感覚です。ただ、瞬時に身につくものではありませんので、その過程を楽しみながらとりいれてください。

内容を簡単に説明しましょう、、、
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「連動銘柄の法則」 小資金でプロと戦わずに手堅く稼ぐ!誰も知らない株デイトレ成功の秘訣 維新の介 [本]

「連動銘柄の法則」 小資金でプロと戦わずに手堅く稼ぐ!誰も知らない株デイトレ成功の秘訣 維新の介

「連動銘柄の法則」 小資金でプロと戦わずに手堅く稼ぐ!誰も知らない株デイトレ成功の秘訣 維新の介

ダイレクト出版なら送料無料、30日間返金保証

 連動銘柄の法則とは、上で書いたような、一般的な連動銘柄という考え方に、元証券トレーダー「ヤーマン」流のメソッドを加える事で圧倒的に確率を引き上げた、株デイトレで手堅く利益を上げていくための法則です。この法則を使いこなせば、株相場でプロと戦うことなく、手堅く利益を積み重ねていくことができるようになります。しかし、、、この法則の最も優れているところは、「資金が小さいほど儲かる」という部分なんです。

なぜ、この法則を使うと、

資金が小さい方ほど儲かるのか?

 株の世界は、一般的に「資金が大きいほど有利」と言われています。でも、元証券トレーダーのヤーマンいわく、「株デイトレに関して言えば、資金が小さいほど株デイトレで勝つのは簡単」なのだそうです。なぜなら、、、売買する銘柄を選ぶ際、資金力があり、相場分析能力の高いファンド筋や証券ディーラー、資金の大きいトレード力のあるデイトレーダーがほとんど参入してこない銘柄を選んでトレードすることができるからです。



 その、プロが参入してこない銘柄とは、、、新興市場の板や出来高の薄い銘柄です。理由は単純明快。プロやファンド筋は大金を投じて大きく稼ぐトレードをしているため、出来高の薄い銘柄だと、買いたい株数を買う(吸収する)事ができないからです。つまり、株数が張れず、大きく勝負ができない銘柄には、プロやファンド筋が売買出来ないため、投資経験の浅い素人投資家、あまり資金力のない個人投資家しかいないのです。だから、プロと戦わずして手堅く稼ぐことができるんです。



 もちろん、出来高や板の薄い新興銘柄には、100%確実にプロや優秀なトレーダーはいない!と言い切ることはできません。トレードの上手いプロも稀にいる事もあるでしょう。でも、中型株、大型株に比べれば圧倒的にその数が少ないのは事実です。



 よく考えて見て下さい。億単位の資金があるファンド筋が、1000円単位の利益を上げるために何時間もその銘柄を見ていると思いますか?大きく取引しようとしても、板に一定以上の株数と出来高がないと、取引額を銘柄が吸収しきれず、自分の注文で株価を引き上げてしまうため、どうしても小さい株数でいかざるを得なくなる。。。。明らかに効率悪いですよね(笑)?





 それだったら出来高が多くて盛り上がっている銘柄で勝負しにいくはずです。そういう銘柄なら取れる時はしっかり取れるからです。(実際、200万の資金を3000万に増やしたヤーマンも、資金が大きくなってからは、そうしています。)でも資金が小さければ、新興株で板が薄くても入っていけますし、売りたい時に売る事もできます。資金に対する割合としては大き目の株数で勝負したり、大きな値動きを取る事もできるため、利益率の高いトレードをする事ができるのです。

小さな資金を、低リスクで1000万円へ、、、

 元証券ディーラーヤーマン曰く、年間のリターンが1000万円までと、1000万円以上でトレードの難易度に違いが出てきます。

 1000万円という節目を意識してしまうから、、というメンタル的な事も多少はありますが、そういう意識的な事以上に、年間1000万円以上の利益を狙おうと思うと、新興銘柄の中でも、板が薄すぎる銘柄は買えなくなってきてしまったり、プロやファンド筋のいる出来高の大きい銘柄でトレードせざるを得ない状況が出てきてしまうからです。でも、この事実は個人投資家にとっては都合のいい事実として受け取る事が出来ます。



 なぜなら、100万とか200万程度の低資金からトレードを始めて、資金を1000万円以上に増やす事が出来たのであれば、それは“連動銘柄の法則を理解し、自分のモノに出来ているという事を意味します。であれば、その後、年間1000万円程度の利益を低リスクで得られるなら十分!と思うなら、、それまで通り低リスクで堅実なトレードで年間1000万円の利益を手堅く稼ぎ続けて行けばいいでしょう。



 もし、『さらに上を目指したい!』『年間1000万円の利益では満足しない!』と思うなら、年間1000万円の利益を上げてきた経験と、その過程で得た自信とトレードスキルによって、年間2000万円のトレードにチャレンジしていけばいいからです。その頃は、きっとあなたのトレードに対する考え方も取り組み方も変わってきているため、1000万円以上の壁も乗り越えられるようになっているでしょう。大事なことは、、まずは1000万円を稼げるトレーダーに成長する事です。そして、そのための最初の1歩となるマニュアルが今、あなたの目の前にあります。



 それでは、、、この「連動銘柄の法則」が書かれたマニュアルの内容をご紹介しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術」維新の介 [本]

「大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術」維新の介

「大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術」維新の介

ダイレクト出版なら送料無料、30日間返金保証

なぜ、自分の思惑とは逆の方向に価格が動くのか…?誰かが自分のトレードを後ろから見ているんじゃないか…?トレードをしていて、こう思ったことはありませんか?実際、2012年8月に19万人の個人投資家を対象に行ったアンケート結果では、「投資をやっていて、嫌になることは何ですか?」という問いに対して一番多かった答えが「買ったら下がる。売ったら上がる値動き」でした。

 なぜ、(価格は)買えば下がり、売れば上がるのか?

 その原因は、ほとんどの場合、投資家であるあなたが、相場の世界において決定的な間違いをしてしまっている事にあります。その間違いとは、、相場の世界の本質を理解しないまま、利益を上げている人の売買を表面的に真似してトレードする行為です。

 たとえば利益を上げている人と同じ銘柄で売買したり、テクニカル指標を使って売買するといった具合です。そういう上辺部分だけを真似しても利益を上げることはできません。

 実は、投資において大事なことは、、そういった上辺の部分ではありません。どれだけ利益を上げているトレーダーの売買を表面上、真似てみようとしても、単発では利益を上げる事があったとしても、長期的に上手く行く事はありません。もちろん、素人が何の判断材料も持たずに、、「なんとなく上がりそう、、なんとなく下がりそう」といった安易な感覚で売買するよりは、表面上であれ、利益を上げているトレーダーの真似をした方がまだマシです。でもそれだけでは「買えば下がり、売れば上がる」の呪縛から逃れる事は出来ないんです。

 自分の思惑とは逆に動く相場のカラクリとは?

 なぜ、相場が自分の行動とは逆に動くのか?その秘密は、、、チャートの価格を動かしている大多数のFX投資家の心理(大衆心理)にあります。値動きというのは、投資家達が「期待してエントリーする。不安になって手放す。」この繰り返しによって形成されています。トレードはチャートを見ながらするものですよね?そのため、なんとなくパソコンの画面や、値動きそのものと戦っているかのような感覚に陥ってしまいます。しかし、真実は違います。今言ったように、値動きというのはあなたと同じ投資家達の期待や不安といった「感情」が作り出しているもの。

 つまり、あなたが相手にしているのは、実はチャートではなく、あなたと同じように、自分の大切なお金をかけることに不安を感じ、値動きの上下に一喜一憂する、同じ人間なんです。そのため、あなたが、「そろそろ上がるかな…?そろそろ下がるかな…?」こう思うポイントは、実はチャートの向こう側にいる多くの投資家も同じように感じるポイントでもあるんです。

 そのため、ちゃんと自分の意思で売買ポイントを決め、売買したつもりであっても、実はその行動は大衆心理の中に飲み込まれているんです。人は周りのみんなが同じ選択をしたという事実に安心感を覚えるものです。同調というのは、人が集団に属することによって守られるための本能です。多数派でいることは確かに精神的にも楽で、大抵の場合においては安全でいられることは間違いありません。ですが、、、人(大多数)よりも先に買って、人(大多数)よりも先に売らなければ利益を上げる事が出来ない相場の世界において、「大多数と同じ」というのはイコール負け組投資家を意味しているんです。

 つまり、大衆心理というのはチャートの値動きを形成しているものですが、決して飲み込まれてはいけない、飲み込まれるのではなく、逆に利用すべきもの、なんです。ハンガリー生まれのユダヤ人で、1兆円の資産を持つジョージ・ソロスはこう言います。

「大衆(大衆心理)は常に間違っている」

 大衆(大多数の投資家)は常に何の根拠もない「感覚」で投資をし、常に損をしてしまいます。これがいわゆる「負け組投資家」と言われる人たちであり、「大衆」の中から抜け出さなければ相場の世界で利益を上げることは不可能なんです。そして、大衆から抜け出す事が出来れば、無駄に損失を広げる事なく、着実にリターンを上げる事が出来るようになります。では、、

どうすれば、大多数の投資家の心理(大衆心理)を
利用して相場から利益を上げる事が出来るのか?

 その方法は、、、大衆投資家の心理の現れであるチャート(価格)の値動きから、大衆が考えている事を読み取り、行動するポイントを把握し、その一歩先を行く事です。チャートから大衆投資家の行動心理、大衆心理を読み解く事が出来れば、あなたは大衆心理に飲み込まれることなく、大衆心理を利用して利益を上げる側に回る事が出来ます。

 しかし、、こと不確実な相場の世界においては、、、チャートから大衆心理を完璧に読み取り、大衆の一歩先を行く事はプロの投資家でもそう簡単に出来る事ではありません。何度も何度も、相場検証を繰り返し、大衆心理の出るパターンを研究し続けてもできるかどうか、、という程のことです。しかし、この難題に挑戦した一人のトレーダーがいました。それがこの書籍の著者であり、プロトレーダー「維新の介」です。

相場を研究し尽くした男による
相場の法則(カラクリ)のオンパレード

 彼は過去4年半にわたり、月間ベースで負けた事はありません。月間どころか、、、、、1日単位の売買で負け越したことも数えるほどしかありません。 2008年〜2011年まで4年連続で年利100%以上の利益を連続で達成し、多くのトレーダーを破滅に追いやったリーマン・ショックの時には、、大衆投資家の心理を利用して自身の投資資金を10倍以上に増やすことに成功しています。そんな大衆投資家の大衆心理を知り尽くしている維新の介だからこそ書籍の中では、、、「 インディケーターのクロスがテクニカル分析ではない」、「 投資家心理を表すオシレーター」「なぜ、窓が空くのか?(価格が飛ぶのか)」と言った相場のカラクリや、大衆心理、多くの投資家が信じている間違いを正しく指摘する事が出来ます。

 トレンドに乗って利益を上げるためには、多くの人は「トレンドの方向性を知らなければいけない」と思っていますが、残念ながらそれだけでは不十分です。正確にはトレンドの方向にプラス、大衆心理の盛り上がり具合も同時に知る必要があります。トレンドは伸びているのに、群衆心理の盛り上がり具合が下がり始めていたら、それは危険信号、利食いの準備です。(そのトレンドは、伸びているように見えて、実際はもう終わっている)でも、チャートから投資家の大衆心理を読みとれない大衆投資家は、、「トレンドが伸びているから」と言う理由で、すでに終わり始めているトレンドの中、買ってしまいます。そして、、、「自分が買ったら下がり始めた、、、」という状況になっているんです。それが、、「自分が買ったら下がり、売ったら上がってしまう状況」の真実(カラクリ)です。

 だから、もし、あなたが「自分が買ったら下がり、売ったら上がってしまう」ため悩んでいるなら、、、あるいは、チャートから大衆心理を読み取って、大衆の一歩先に行動して楽に利益を上げたいと思うなら、、、この書籍をチェックしない手はありません。この書籍を隅々まで読み、、相場の法則を理解し、トレードに活かす事は、、買っては下がり、売っては上がりの状況から脱出する事も出来るようになります。

 相場の法則が分かるという事は、、、相場の法則が分かっていない99%の大衆投資家よりも相場の世界で圧倒的に優位な立場に立てるという事です。それでは、、、チャートから大衆心理の読み取り方を研究し導きだされた法則、その内容の一部について見ていきましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

無料ウェブセミナー「3つの数字で長期的にビジネスを安定させるマーケティングシステムの作り方」 小川忠洋 [その他]

無料ウェブセミナー「3つの数字で長期的にビジネスを安定させるマーケティングシステムの作り方」 小川忠洋

無料ウェブセミナー「3つの数字で長期的にビジネスを安定させるマーケティングシステムの作り方」 小川忠洋

ダイレクト出版の無料ウェブセミナー

僕の名前は小川忠洋。あなたと僕とはまだ会ったことはありません。でも我々社長がみんな持っている共通の不安がありますよね。もしかしたら会社が潰れてしまうんじゃないか?将来は大丈夫だろうか?来年はどうなってるだろうか?

その気持はとてもよくわかります。実際僕もそうでしたから・・・。でも(これは自慢話じゃないので聞いて欲しいのですが)、3年前にちょっとしたシンプルな仕組みを発見したおかげで、その不安はほとんど消えてなくなりました。つまり、左のグラフのような不安定なビジネスを、右のグラフのような安定して成長するビジネスへ変える方法です。

左のグラフのビジネスは、キャンペーンやプロモーションが成功するかどうかや、どれだけ紹介や口コミがあるかどうかなどで、売上が大きく左右されます。つまり、売上が大きく上がる月もあればほとんど上がらない月もある、先が予測できない、不安定な経営状態です。

このようなビジネスをしている会社は、売上のほとんど全てが社長に依存しています。そのため自分が倒れたら会社の売上はほとんどなくなってしまいます。そのような社長は常に「明日の売上はどうやって立てようか?」という悩みを抱え、プレッシャーにさらされながら日々を過ごしています。
月曜日の朝、3つの数字をチェックしたら、
自社の状態がわかり、数カ月先の売上も見える。

一方、右のグラフのビジネスは、社長個人ではなく「仕組み」が売上を上げます。そのため社長が会社にいようがいまいが関係なく、キャンペーンやプロモーションが成功するかどうか、紹介がもらえるかどうかなど、外部要因の影響をあまり受けずに売上が上がり、そして事業は右肩上がりに成長していきます。それに、これは最も大事なことですが、、、仕組みがあると数カ月先の売上が予測できるようになるため、精神的にも安定します。先手を打ったり、人材や教育、設備や資産などの投資も安心してできるようになるのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「マーケティング・ブレイクスルー」ダン・ケネディ [DVD]

「マーケティング・ブレイクスルー」ダン・ケネディ

「マーケティング・ブレイクスルー」ダン・ケネディ

ダイレクト出版なら送料無料、90日間返金保証

あなたの会社はどうですか?あなたの会社も、本来ならば得られたはずの売上や利益を、ちょっとした顧客選びの間違いのせいで逃していませんか?あるいはちょっとしたマーケティングの間違いのせいで失っていませんか?実際、こんなことは私たちの身の回りでもよく起こっていることなのです。

例えばSS製薬のハイチオールCはもともと中高年層の全身倦怠や二日酔いのための薬でした。ところが、使われている成分がシミやそばかす、日焼けに効用があることが分かると、若い女性のための体の中から治すシミ・そばかす対策のための医薬品として、製品自体はそのままにパッケージだけ変えて売り出しました。その結果、わずか2年で売上が10億円から30億円へと3倍以上にもなったのです。(つまり、20億円損をしていたことになります…)

メガネチェーン店のJINS PCは、もともとメガネの安売りチェーンでしたが、どんどん激化する価格競争で赤字経営に陥っていました。そこで、メガネを「よく見えるためのもの」から「目を守るためのもの」として、パソコン作業の疲れから目を守るメガネや花粉から目を守るメガネなどを発売。次々とヒットを飛ばし、赤字経営から脱却するどころか高収益企業に変貌しました。


その”ちょっとしたこと”がビジネスにブレイクスルーを起こすのです

こんな例をあげればキリがありませんが、そのほとんどが「なんで気づかなかったんだろう?」と思えるようなものばかりです。どれもがちょっとコンセプトや商品を変えたり、ちょっと顧客を変えたり、ちょっと売り方を変えたに過ぎません。

しかし、多くのビジネスのブレイクスルーは、実はそんな「ちょっとしたこと」によって起こるのです。そして、そのためのヒントや答えは往々にして既に私たちの周りに転がっているものです。後は、それに気づくか気づかないか、、、それが大きな分かれ道になるのです。冒頭のセミナー会社がいい例です。

とは言え、ではどうすればそれに気づくことができるか?どうすればブレイクスルーを起こすことができるか?そこが問題ですよね。そこで、、、


マーケティングの世界的権威ダン・ケネディが、
あなたのビジネスにブレイクスルーを起こす方法をレクチャー



ダン・ケネディは、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの業界で40年以上のキャリアがあり、その間ずっとトップを走り続けてきました。もちろん今でも現役です。

彼が、彼自身や自分の手がけたビジネスを大成功させているのは言うまでもありません。が、、、もっとすごいのは、彼の生徒からたくさんの成功者が生まれているということです。事実、彼はこれまで356以上の業種で企業を成功に導いてきた実績を持ち、彼に影響を受けた社長、起業家たちから多くの億万長者が生まれていることから、「億万長者メーカー」とも呼ばれています。

ケネディはいったいクライアントにどんなアドバイスをしてきたのか?実は、そのほとんどはちょっとしたマーケティングのアイデアでクライアントである企業にブレイクスルーを起こしてきたのです。そして、ケネディと彼のパートナーであるビル・グレイザーが、その秘密を公開したのがこれです、、、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

【ザ・レスポンス】ゴールド会員 ダン・ケネディ [本]

【ザ・レスポンス】ゴールド会員 ダン・ケネディ

【ザ・レスポンス】ゴールド会員 ダン・ケネディ

ダイレクト出版の通信講座

歯に衣着せず。思った事をストレートにあなたに教えてくれる師匠、即実践できる具体的な事例を毎月、毎月、送って来てくれる、、、たくさんのマーケティングのアイディアをシェアしてくれて、モチベーションが下がった時にはケツを蹴ってくれ、、、あなたが間違った方向に行かないように常に「今やるべき事はこれだ」とリードしてくれる、、、 そんな師匠。



もしそんな師匠がいたら、あなたのビジネスはどれだけ安定して成長するでしょうか?将来、来年再来年の売上の不安はなくなりませんか?



こっちの道は近そうに見えるけど、実はもう少し行くと行き止まりだから時間の無駄だ。こっちの山は険しそうに見えるが実は近道で、それを越えると歩きやすく進みやすい道に出られる。その山を乗り越えるために必要な持ち物はこれで、乗り越える方法は…など、ダン・ケネディは具体的に、明確に、あなたを導いてくれます。



ジャングルに入って行く時に、彼のような「道を知っている」ガイドなしで進むのは無謀ですよね。ビジネスでも、道を教えてくれるガイドがいなければ、あちこちにふらふらして遠回りをしてしまうか、あるいは目的地に辿りつけないかもしれません。



そして、ダン・ケネディにあなたの進むべき方向を「ガイド」してもらえる会員サービス。それが【ザ・レスポンス】ゴールド会員です。会員になれば、毎月ダン・ケネディのNOBS(ノービーエス)マーケティング・ニュースレターを受け取ることができます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「コンサルタント起業成功法則大全」テッド・ニコラス [本]

「コンサルタント起業成功法則大全」テッド・ニコラス

タイトル

ダイレクト出版なら送料無料、90日間返金保証

・・・自分の「売れる」スキルを発見して武器にする方法とか、お客さんの見つけ方とか、低コストかコスト無しでできる11の集客手法とか、起業に必要な方法と手順がこの本に書かれている。お客さんにリピートしてもらうやり方まで書かれているから、起業してやっていくための攻略本みたいに使うことができる。サラリーマンを続けながら起業に踏み切ることができたのは、この本のおかげと言ってもいいくらい。そして僕は、



サラリーマン時代の年収を超え、家族との時間を手に入れた。



・・・起業したおかげで僕は、望み通り家族との時間を手に入れることができた。子どもの成長を見守る時間を自分の意思で作り出せるって、ホントに幸せだなって思う。それに年収を会社任せじゃなく、自分の手で増やすことができるようになった。



いつの間にか笑いは止み、周囲は驚きの表情を浮かべていた。



出世頭の彼が初めて僕を嫉妬しているように見えた。・・・僕は続けた。これからまた消費税が上がるかもしれないし、年金も減るかもしれない。そして僕らも親の面倒をみる時が近づいている。子どもの教育にはお金を惜しみたくない。そしてお金だけでなく、これらに取り組む時間も必要になる。だからもし、自分の得意なことや専門知識、それらを武器にして外部アドバイザーのように仕事をしたいと思ったなら、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「インターネットマーケティング最強の戦略」小川忠洋 [本]

「インターネットマーケティング最強の戦略」小川忠洋

「インターネットマーケティング最強の戦略」小川忠洋

ダイレクト出版のオーディオブック


あなたはなぜ、ホームページにアクセスを集めるだけじゃダメなのか、知っていますか?
なぜ、商品が売れないのか、本当の理由を知っていますか?
なぜ、オフラインとオンラインでマーケティングの方法が違うのか、知っていますか?
なぜ、本で読んだことをそのまま信じてはいけないのか、知っていますか?
なぜ、インターネットでは小さい会社の方が有利なのか、知っていますか?
キャッチコピーを書くなら、なぜ、商品を売らないほうがいいのか、知っていますか?
なぜ、うまくいっている会社の真似をしてもうまくいかないのか、知っていますか?

インターネットで商売を展開しようと考え始めた社長や起業家のほとんどが、このようなポイントで”ちょっとした勘違い”をしています。そして、インターネットの本当の力を自分のビジネスに活用できずにいます。

これはとても惜しいことです。なぜなら、その”ちょっとした勘違い”に気付いて、やり方を見直すだけであなたのインターネット・ビジネスは大きく結果を出せるようになるのですから・・・

インターネット上のマーケティングは、今までのマーケティングとはちょっと違います。そして、そのちょっとした違いを知っているかどうかが、インターネット上でのマーケティングで結果を出せるかどうかの差です。
この本には、その”ちょっとした秘密”が書かれています。

もし、あなたがその秘密を見つけて、自社のホームページで応用すれば、今までとは全く違った世界が見えるようになるでしょう。

今までは見込み客にどんな売り込みをしても全く反応がなかったのに、お客さんの方から「なにか売ってるものはないの?」と聞かれるようになるでしょう(うそ臭く感じるのはわかりますが・・・でも、ホントのことです!)。

実際にこの本の著者自身も、このちょっとした秘密をひたすら使い続けるだけで、会社を大きくしてきました。そして、現在もこの秘密を使い続けて、新しいビジネスをどんどんつくっています。もちろん、今後作る新しいビジネスでもこの秘密を使い続けるでしょう。
なぜなら”これ”こそがインターネット・マーケティング最強の戦略だからです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア [DVD]

ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア

ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア

ダイレクト出版なら送料無料、90日間返金保証

最後のビッグアイディアを知れば、、、
あなたは潜在意識を味方につけ、自動的に行動する体質に変わります。

マーフィーの法則に代表されるように、人間の無意識の力にはとてつもないパワーがあります。事実、何か新しいことを始めよう、行動しようとしたとき、、、意識の力が5%なのに対し、無意識の力は95%ほども影響すると言われます。想像してみてください。これはつまり、あなたに100人の部下がいて、そのうちあなたがやろうと思っていることについて、5人しか賛成しておらず、95人が反対している、という状況です。こんな状況なら、「新しい行動を起こす」ことが大変なのは明らかですよね?

しかし、この最後のビッグ・アイディアで潜在意識の使い方を知れば、、、あなたは少しずつ、残り95人の部下が味方についてくるのがわかるでしょう。しばらくすれば、少しずつ「行動する」よりも「行動しない」方が辛くなってくる、つまり自動的に行動する体質に変わります(今は逆かもしれませんが)。行動するほうが簡単。そうなってしまえば、、、おめでとうございます!もうこのCDを聞く必要はありません。あなたは無意識を味方に付けました。ダン・ケネディのトップクライアントと同じような、行動力が染み付いたということです!

はい、これらが「8つのビッグ・アイディア」を聞くことであなたに起こる変化です。
「この仕事、今日も全然手が付けられなかった…」と眠りにつき、
朝、売上の心配をしながら目を覚ます。
…そんな毎日とはお別れしましょう!

ここまで聞いてわかるように、これは素晴らしいプログラムです。この8つのビッグ・アイディアは、あなたの本来の持っているパワーを最大限に引き出し、より少ない時間でより多くを達成できるよう、あなたの行動力を引き出してくれるのです。
これは「教材」ではありません。

これは、マーケティングの「ノウハウ」を教えるものではありません。ですから、あなたは「教材」を学ぶときのように、わざわざ時間をとって机に向かう必要はありません。聞くだけで実行力が上がる、音声CDのプログラムです。ダン・ケネディの講演は、英語と日本語が交互に再生される、逐次翻訳の音声になっているので、車の中や家でちょっとした用事をしている時、あるいはiPodなどに入れて移動中に、、、あなたのスキマ時間を活用して聞くことができます。
しかし、、、こんな人には向いていません。

もしあなたが、今自分が何をしたいか(あるいは何をすべきか)まったくアイディアがない、と思うなら、このプログラムはあなたのためのものではありません。これはやりたいビジネスややりたいアイディアがたくさんある。そしてそれをやればうまくいくとわかっているけど、、、なかなか行動に移せないという人のためのものです。

もしあなたが、毎日、全ての「やることリスト」がチェックされているようなタイプなら、、、このプログラムはあなたのためのものではありません。これはかなりの量の仕事をかなりのスピードで仕上げることが要求される、アグレッシブな社長、起業家のためのものです。大企業や役所の中で、少しだけ仕事をしていればいいといったような人のためのものではありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「ウェブ・セールスコピーの法則」マリア・ヴェローソ/寺本隆裕 [本]

「ウェブ・セールスコピーの法則」マリア・ヴェローソ/寺本隆裕

「ウェブ・セールスコピーの法則」マリア・ヴェローソ/寺本隆裕

ダイレクト出版なら送料無料、30日間返金保証

このプレゼンテーションでは、魔法のペンがどうやって普通の会社員だった僕に、たとえ会社をやめたとしても、医者よりもずっと高い収入をいつでも稼げるスキルをもたらしてくれたのか?そして、将来の経済的な不安をなくしてくれたのか?をお話しています。



ですが、このプレゼンテーションは、どのぐらいの間、公開できるかわかりません。というのも、このプレゼンテーションでは、参加費50万円のセミナーで話している内容や、僕の恥ずかしい過去のプライベートな内容を期間限定という条件で公開しているからです。



ですので、今すぐこのビデオを見て、アメリカでは、100年以上の歴史があり、日本ではまだほとんど知られていない方法を手に入れてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。